MENU

 できれば毎日女性の肉体で快楽を楽しみたい、それほど性欲が強く、セックス依存症といってもいい俺だから、週に1回だけ何とか肉体関係を持ってくれる彼女では、当然のように我慢することが出来ない状況でいたのです。
前の彼女とは、頻繁に肉体を重ね合わせ快楽を楽しむことが出来ていたのに、新しくつき合い始めた彼女がよりによってセックスが嫌いだなんて、かなりショックでした。
恋人関係になってすぐに彼女に求めたんですけれど、拒否されてしまったりして、付き合いが進んでいけば気軽にさせてもらえるだろうと思っていたのにもかかわらず、なんと週に一度だけという状況に。
しかもその時だって、あんまりたくさんさせて貰うことが出来ないという事で、性的不満が解消されることが無いのです。
勿論、オナニーの処理はしているのですが、女性の肉体じゃないと本当の満足を得ることができません。
セックスがしたいってそればっかり考えるようになっちゃってて、仕事すら手につかない状況です。
いつだってムラムラしっ放しだし、やばいなって自分でも考えるようになっていました。
精神的な相性はかなり良い恋人だから、まさかセックス後させてくれないからと別れてしまうのも勿体ないのです。
こうなるとさらにジレンマと言うもので、悶々とした気分で苦しんでしまっていました。
「最近全く元気ないし顔色も悪いけど、具合でも悪いんじゃないの?」
会社の先輩からそんなことまで言われてしまう程でした。
「実は、今の彼女なんだけど、あんまりやらせてくれなくて、欲求不満が極限までたまっちゃってるんですよ。
何とかなりませんかねこれ?」
思わず先輩に泣きついてしまう程だったのです。
「だったら、彼女の代わりにセフレでも作って気持ち良くなったらどうだよ」
思わぬ一言を言われてしまって、はたと気がついたのです。

何で今までこのことに気がつかなかったのか、セフレっていう関係だったら、オマンコに挿入してそれで終わることができるんですからね。
これだったら凄く簡単にセックス楽しめるし、全く問題ないじゃないかって気が付くことが出来たのです。